看護師,クリニック,仕事内容

[クリニック看護師の仕事内容]点滴・注射が苦手な未経験・ブランクナースの注意点

 

クリニック看護師の仕事内容は科によって違う!点滴・注射が必須の科もある!

「クリニックって医療行為は必要ないんでしょ?未経験でも大丈夫かな?」

 

「点滴・採血が苦手でクリニックに転職したのに、転職したらぜんぜんイメージと違った!」

 

クリニック看護師の仕事内容は、医療行為が少なく楽というイメージが強く、転職のギャップから短期間での離職に繋がるケースが多く見られました。

 

でも、看護師転職サイトを利用すれば、事前にクリニックの仕事内容や医療行為の有無を調べることができるので、転職失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

点滴・注射が必要なのは整形外科クリニックが多い!


整形外科クリニックは、診察の介助や処置の介助が主な業務というイメージを持っている方が多いのですが、整形外科クリニックの患者さんの多くは点滴や注射がメインで受診をされているので、日常的に点滴や注射が行われており、看護師には点滴や注射のスキルが求められることが多いです。

 

また、整形外科クリニックでは点滴や注射がメインの患者さんが多いため、処置の人数も多く、点滴や注射などの医療行為が全く出来ないと、スムーズに仕事に入れずない可能性が高いです。

 

クリニック転職での注意点は、クリニックは即戦力が期待される職場なので、スムーズに仕事に入れる診療科を選んだほうが良いという事です。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの仕事内容や医療行為の有無を調べることができますし、未経験やブランクナースが安心して働ける職場かどうかを確認することができるので、転職失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

クリニック看護師の仕事内容は基本的な看護ケアができれば大丈夫!

 

「クリニック看護師は経験がないと難しいんでしょ?」

 

「クリニック看護師は病棟の経験がないとダメ?ブランクが長いとキツいかな??」

 

クリニック看護師の仕事内容は、ブランクや未経験ナースでは難しいというイメージを持っている方が多く、転職に躊躇しているケースが多く見られました。

 

でも、看護師転職サイトを利用すればクリニックの仕事内容や医療行為の有無を調べる事ができるので、事前にブランクや未経験ナースでも安心して働けるかどうか確認することができるので、転職失敗を防ぐことができますよ。

 

クリニック看護師の仕事内容は基本的な看護ケアが中心


クリニック看護師の仕事内容は、診療科にもよりますが、診察の介助が主なものであり、基本的な看護ケアができれば問題ありません。

 

バイタル測定や問診、診察の介助がメインであるクリニックが多いので、クリニック看護師の多くがブランクナースや未経験ナースです。

 

基本的な看護ケアなら、新卒1年目や第二新卒看護師でもスムーズに仕事に入る事ができるので安心です。

 

看護師転職サイトなら事前に、ブランクや未経験、第二新卒看護師が安心して働ける職場かどうか確認する事ができますよ(´∀`)

 

クリニック看護師の仕事内容は看護ケアよりも雑務の方が多く仕事が単調

「クリニックの仕事って専門性が高い仕事が多いんじゃないの?」

 

「クリニック転職は病棟経験がないとキツいんじゃないの?」

 

クリニックへの転職は、病棟経験がある人や、専門知識がある人でなければ難しいと考える看護師が多く、クリニック転職を躊躇しているケースが多く見られました。

 

でも、看護師転職サイトならクリニックの仕事内容や医療行為の有無を事前に調べる事ができ、ブランクや未経験ナースが安心して働ける職場かどうか確認することができますよ(´∀`)

 

 

クリニック看護師は雑務が多いのが悩みでもある!

看護師などのスタッフが少ないクリニックでは、看護業務以外の雑務も看護師が行うケースが多く、看護師は雑務が多すぎる事が悩みとなるケースもあります。

 

掃除や洗濯、物品の消毒・滅菌、物品の補充や発注、外注検査の発注やデータ取得、カルテの整理やレントゲン類の整頓など、本来は看護業務ではない雑務が多いクリニックもありますが、看護師の雑務の有無は各施設により異なります

 

また、雑務が多いクリニックは残業も多くなるケースが多いので、看護師転職サイトを利用して、事前にクリニックの平均残業時間や雑務の有無などについて調べる事をおすすめします

 

 

医療行為が多いクリニックでは看護師の離職率が高い!仕事内容はクリニックによって大きく違う

「クリニックって楽なイメージ!仕事内容は雑用がメインなんでしょ?」

 

「クリニックの看護師は医療行為が少ないって聞くけど本当?」

 

クリニック看護師は医療行為や専門的な看護を行うというイメージを持っている方は少なく、転職後に大きなギャップを感じ、短期間での離職に繋がるケースが多く見られました。

 

でも、クリニック転職の前に職場の仕事内容や看護師の役割を知っておけば、転職後にギャップを感じることもないので、短期間での離職を防ぐことができます。

 

クリニック転職の前に、看護師転職サイトを利用して、職場の仕事内容看護師の役割について調べてみると、転職の失敗を防ぐことが出来ますよ(´∀`)

 

 

看護師転職サイト,クリニック

 

 

 

クリニック看護師が転職に失敗しない方法1・未経験、ブランクナースは医療行為が多いクリニックは選ばない!

看護師転職サイト,クリニック
クリニックは医療行為が少ないからとか、残業が少ないだろうというイメージでクリニックに転職を決める方が多いのですが、実はクリニックによって仕事内容や業務量が大きく違うため、事前にしっかりと調べないと転職失敗に繋がることが多いのです。

 

未経験やブランクナースは、注射や点滴に苦手意識を持っている方が多いのですが、クリニックでは即戦力を求めるため、入職後すぐから注射や点滴は出来るものとして仕事を与えられ、未経験やブランクナースは困ってしまうというケースが多いのです。

 

また、クリニックではスタッフの人数が少ないため、教育や指導を担当するスタッフがいないケースが多く、点滴や注射の実技指導を行うことは稀です。

 

未経験やブランクナースは、点滴や注射などの医療行為が多い「整形外科クリニック」「美容外科クリニック」「消化器外科クリニック」は避けたほうが無難です。

 

クリニック看護師が転職に失敗する大きな原因として、転職後のギャップがあり、クリニックの医療行為の多さに着いていけない・・・と短期間での離職を繰り返す看護師が多いので、事前に職場の仕事内容や看護師の役割について調べることをおすすめします!

 

 

看護師転職サイトなら、事前に職場の仕事内容・看護業務や看護師の役割などを詳しく調べることができるので安心です(´∀`)

 

 

クリニック看護師が転職に失敗しない方法2・看護師の仕事内容や責任が曖昧なクリニックを選ばない!

看護師転職サイト,クリニック
クリニックは医療機関と違い、各施設によってマニュアルがあり、同じ診療科であっても施設によって仕事の方法や考え方が全く違うケースが多いです。

 

本来なら看護師ではなくドクターが行う専門性の高い処置を看護師が行ったり、看護師以外のコメディカルがいない職場では看護業務以外の仕事も任されることが多く、看護師の責任が重くなっているケースが見られます。

 

専門性が高い処置は、小児科・整形外科・美容外科などで多く見られ、本来ならドクターが行うべき注射や点滴、処置などを看護師が行っていることが多いです。

 

小児科クリニックでは乳幼児への点滴や注射は看護師が行うことが多く、喘息発作時の期間拡張薬の混入や投与も看護師が行っていることがあります。

 

整形外科クリニックでは、ステロイドの投与、関節注射や筋肉注射など、糖尿病患者へのステロイド投与、清潔操作が必要な処置などを看護師が行っていることがあります。

 

美容外科クリニックでは、オペ中・オペ後の管理は看護師が行うことが多く、清潔操作が必要な処置や、オペ中の患者管理などを看護師が行っていることがあります。

 

病棟などでは考えられないような業務を看護師が当たり前に行っているクリニックも多く、病棟経験のある看護師はクリニックとのギャップに驚く人が多いですね。

 

クリニックでは責任の重い業務を任されるケースも多く、医療ミスへの不安もあり、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割などを確認することをおすすめします。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割など詳しく調べてくれるので安心です(´∀`)

 

 

クリニック看護師が転職に失敗しない方法3・病棟の経験が全く生かせないクリニックを選ばない!

看護師転職サイト,クリニック
病棟経験のある看護師が同じ診療科のクリニックに転職をしても、病棟の経験が全く生かせないというケースは多いです。

 

病棟看護師とクリニック看護師では、同じ診療科なのに、仕事内容や看護師の役割が全く違うということが多く、病棟経験者がクリニックに転職をすると、仕事内容の違いに大きなギャップを感じる方が多いのです。

 

病棟であれば、処置方法にはマニュアルがあり、どの看護師が行ってもマニュアルに沿って仕事をしているため、手技や方法が大幅に変わることはありませんし、中途採用の看護師が入ると、マニュアルに従って指導を行うので、どのスタッフも技術は統一しています

 

でも、クリニックでは、そもそもマニュアルが存在しないことも多いですし、様々な職場から中途採用で入ってくるので、1人1人の手技や方法がバラバラで、聞く人によって返ってくる答えが違います。

 

また、クリニックでは病棟のように清潔操作などの管理がされていないことが多く、滅菌と不潔の認識がスタッフによって違ったり、清潔操作の方法がクリニックによって違うので、病棟経験者であっても戸惑うことが多いです。

 

病棟経験があれば、経験を生かしてやり甲斐のある仕事がしたい!と思う方が多いのですが、クリニックでは雑務や雑用が多く、やり甲斐のあると感じる仕事は少ないのです。。。

 

病棟経験者は特に、クリニックの仕事内容や看護師の役割などを事前に調べて、転職後のギャップを防ぐことをおすすめします。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割を調べることができるので、転職失敗を防ぐことが出来ますよ(´∀`)

 

 

クリニックへの転職に成功した看護師は看護師転職サイトを利用しています

看護師転職サイト,クリニック
クリニック看護師の多くが転職に失敗しているということを知らない看護師が多いですよね。。。

 

クリニック看護師は、転職後のギャップから短期間で離職をする方が多いのです。

 

クリニックへの転職は、他の職場を経験してから転職する方が多く、いわゆる中途採用者がメインです。

 

新卒でいきなりクリニックに就職する人はほとんどいないので、経験年数の違いはありますが、ほとんど全員が中途採用者です。

 

中途採用者のため、前の職場とクリニックを比較した時に、転職後のギャップを感じることが多く、クリニックの仕事ではやり甲斐を感じない!と満足感を得られず、仕事が楽しくない!と感じてしまうのです。。。

 

でも、クリニックは各施設によって看護師の役割や仕事内容が大幅に違うため、やり甲斐のある仕事ができるクリニックもあります。

 

クリニック転職に成功した看護師の多くが看護師転職サイトを利用しており、事前にクリニックの内部事情を調べています。

 

看護師転職サイトを利用することで、事前に看護師の定着率が悪いクリニックだと分かれば、転職に失敗する事もありません。

 

クリニック転職を希望する看護師は、事前に看護師転職サイトを利用して、クリニックの離職率職場の内部事情を調べることをおすすめします。

 

看護師転職サイト,クリニック

 

 

点滴や注射が苦手な看護師は整形外科クリニックは辞めたほうが良い理由

看護師転職サイト,クリニック
「クリニック看護師なら注射が苦手でも大丈夫だよね?」

 

「整形外科クリニックの仕事って、診察の介助くらいでしょ?」

 

整形外科クリニックの看護師の仕事内容は、主に診察の介助であり、特別なスキルや知識は必要ないと思って転職を決める看護師が多く、転職後にギャップを感じ、短期間で離職するケースが多く見られました。

 

でも、看護師転職サイトを利用すれば、事前にクリニックの仕事内容看護師の役割を調べることができるので、転職失敗を防ぐことが出来ますよ(´∀`)

 

看護師転職サイト,クリニック

 

 

整形外科クリニックでは1日100人の注射や点滴をすることもある!

看護師転職サイト,クリニック
整形外科クリニックは、未経験ナースの場合は、怪我をした人が受診する場所と思っている方が多いのですが、外傷などで受診する方よりも、リハビリや鎮痛目的で定期受診する方の方が多く、鎮痛目的での筋肉注射・関節注射・ブロック注射などがメインで行われるのが整形外科クリニックです。

 

そのため、注射や点滴などの医療行為は必須で、看護師は注射の介助だけでなく、点滴や採血も行い、多い時では1日100人の注射や採血をする施設もあります。

 

整形外科クリニックでは、注射や点滴は全く自信がない。。。という方は、即戦力を求められるクリニックでは難しいと思います。

 

整形外科クリニックは、高齢者の患者さんがメインであり、どこの施設も患者さんが多く、仕事中に注射や点滴などの医療行為の練習をする暇はありません。

 

クリニック転職後に短期間で離職する看護師の多くは、クリニックでは医療行為はほとんどないと思っていたのに転職後のギャップが大きいと感じています。

 

未経験やブランクナースの多くが、注射や点滴に苦手意識があるため、整形外科クリニックは避けたほうが転職後のギャップを感じることがありません。

 

看護師求人サイトなら、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割を調べることができるので、転職失敗を防ぐことが出来ますよ(´∀`)

 

 

整形外科クリニックは注射や点滴目的での受診がメイン

看護師転職サイト,クリニック
整形外科クリニックは、高齢者の患者が中心で、高齢者特有の体の痛みを改善する目的で整形外科クリニックに定期的に通っています。

 

整形外科クリニックの対象疾患は、変形性膝関節症・腰痛症・リウマチ・肩関節周囲園など、痛みを伴う疾患が多く、鎮痛目的の点滴や注射を行っています。

 

アルツ関節注射などは、整形外科クリニックで行われることが多く、看護師は関節注射や筋肉注射の介助が主な業務になります。

 

関節注射は清潔操作が必要であり、看護師は清潔操作の手技や、診察の介助の手技など、様々なスキルが必要になります。

 

高齢者の場合では、糖尿病を持っている割合が高く、関節注射の際には感染に注意が必要であり、清潔操作の知識が必要となりますが、清潔操作の考え方や方法が各クリニックやドクターによっても異なるため、自分が働くクリニックでもマニュアルの確認は必要です。

 

看護師転職サイトでは、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割について調べてくれるので、転職失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

 

整形外科クリニックは看護師の医療行為がダントツで多い!

看護師転職サイト,クリニック
整形外科クリニックは、他の診療科のクリニックに比べて医療行為がダントツで多いです!

 

クリニック転職の理由が、「残業がない」「医療行為がない」などの場合は、事前にクリニックの評判など調べないと転職後のギャップから、短期間での離職に繋がる可能性があります。

 

整形外科クリニックでは、注射や点滴のみでなく、牽引介助、ギプス介助、レントゲンセッティング、コルセット巻き、シーネ作成と固定、ナートの介助、リハビリなど、様々な業務を任されます。

 

クリニック看護師は即戦力が求められるので、当たり前のように入職直後から「レントゲンの位置合わせ」「シーネ固定」「清潔操作の介助」「ギプス固定の介助」など任されます。

 

仕事をしながら、マイペースに業務を覚える暇はなく、入職直後からできなければ「役立たず」扱いです。。。

 

そのため、クリニック看護師の離職率は高く、医療行為の多いクリニックほど離職率は高くなるワケですね。。。

 

もちろん、教育やサポート体制が充実しているクリニックもあり、全くの未経験でも問題のないクリニックもありますが少数です。

 

看護師求人サイトなら、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割、内部事情など調べることができるので、転職の失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

 

働きやすい整形外科クリニックは少数!事前の調査が転職成功の秘訣

看護師転職サイト,クリニック
整形外科クリニックは働きやすい!と感じるクリニックの方が少数です。

 

整形外科クリニックに転職を希望する方は、整形外科病棟の経験があったとしても、全く未経験のつもりで転職をしたほうがギャップが少ないです。

 

整形外科クリニックでは、病棟経験がほとんど役に立たないことが多く、経験者の場合だと余計に落ち込んでしまいます。。。

 

働きやすいクリニックの特徴は、「看護師の人数に余裕がある」ことです。

 

看護師の人数に余裕があれば、スタッフにも余裕があるので、分からない事を聞いたり、業務の流れや方法を教えてもらったりとサポートをしっかりと受ける事ができます

 

特に整形外科クリニックは、医療行為が多く専門性が高い処置が多いので、スタッフの人数に余裕があり、業務を覚えるまではサポートを受けられるクリニックを選ぶ事をおすすめします。

 

医療行為が多いクリニックでは、即戦力にならない看護師が入職すると、周りからのプレッシャーやストレスが大きいので、精神的に疲れてしまう事が多いです。

 

看護師転職サイトを利用すれば、クリニックの離職率を事前に調べる事ができるので、転職失敗を防ぐ事ができますよ(´∀`)

 

 

整形外科クリニックへの転職に成功した看護師は看護師転職サイトを利用しています

看護師転職サイト,クリニック
クリニック転職に失敗する看護師が多いのは、転職後のギャップが大きいからです。

 

クリニック転職をする方の希望条件は「残業がない」「医療行為が少ない」などが多いのですが、実際に転職してみると「残業が少ないクリニックはほとんどない」「クリニックによっては医療行為がメイン」であり、理想と現実のギャップから短期間での離職につながるケースが多いのです。

 

では、転職後のギャップを防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

クリニック転職に成功した看護師の多くが看護師転職サイトを利用して、事前に職場の内部事情を調べています。

 

「平均残業時間」「仕事内容」「医療行為の有無や内容」「看護師の役割」などを、事前に詳しく調べています。

 

「残業が多い」「医療行為が多い」「看護師の役割は雑務ばかり」などの条件のクリニックは看護師の離職率が高いため、事前に分かっていれば避ける事ができます。

 

看護師転職サイトを利用して、事前に看護師の定着率の低いクリニックを避けるようにして、転職の失敗を防ぎましょう(´∀`)

 

 

看護師転職サイト,クリニック

 

 

理想だけでは続かない!美容外科ナースの仕事内容はハード

看護師転職サイト,クリニック
「美容外科って最新の美容を間近で見れて楽しそう!」

 

「美容外科は華やかで楽しそう!医療行為も少なそうだし。」

 

美容外科クリニックは華やかで楽しそうというイメージが先行し、転職後のギャップの大きさから短期間での離職につながるケースが多く見られました。

 

でも、看護師転職サイトなら事前に職場の内部事情を調べることができるので、転職後のギャップによる離職を防ぐ事ができますよ!

 

 

看護師転職サイト,クリニック

 

 

美容外科クリニックの未経験歓迎は当てにならない!

看護師転職サイト,クリニック
美容外科クリニックは看護師の離職率が高いため、常にスタッフ不足のクリニックが多く、「未経験歓迎」の求人が多く見られます。

 

でも、美容外科クリニックの看護師の主な業務は、医療行為がメインであり、術中・術後の看護もあり、未経験者では難しいです。

 

手術室ナースや、外科病棟ナースなど、美容外科の経験はなくても、外科系の病棟の経験者であれば臨機応変に対応できると思いますが、内科系の経験しかない人には難しいのが現実です。。。

 

美容外科クリニックは華やかなイメージが先行し、ハードな仕事内容は入職後に気がつき、理想と現実のギャップから短期間での離職につながるケースが多いのです。

 

常にスタッフ不足のクリニックが多いため、「未経験者歓迎」の求人表が多く見られますが、これは全くあてになりません。

 

未経験者なら、教育やサポート体制が充実した職場でなければ、仕事をしながら業務を覚える事は難しいでしょう。

 

美容外科クリニックは、セミナーや研修が多いので、未経験者はセミナーや研修に参加できるクリニックを選びましょう!

 

また、未経験者なら「スタッフの人数に余裕がある」クリニックを選べば、教育やサポートを受ける事ができるので、転職に失敗する確率は低くなります。

 

看護師転職サイトなら事前に、クリニックの看護師の仕事内容や内部事情を調べる事ができるので、転職失敗を防ぐ事ができますよ(´∀`)

 

 

美容外科クリニックは看護師の医療行為が多い

看護師転職サイト,クリニック
美容外科クリニックは、大手の美容整形や脂肪吸引などを行っているクリニックでは、看護師の主な業務はオペの直接介助が多いです。

 

美容外科クリニックは、個人経営のクリニックから大手のクリニックまで様々で、対応するオペの種類や診療内容も様々です。

 

規模の大きなクリニックなら看護師は30名前後がシフト制で働いています。

 

オペの直接介助となると、オペ室経験外科系病棟の経験があった方が優遇されます。

 

オペ前の点滴や注射、オペ後の診察の介助など、医療行為が多く、看護師はとにかくハードです。

 

クリニックによっては、看護師は看護業務に専念できるように、医療事務・受付・看護助手などのスタッフが確保されていますが、多くのクリニックでは看護助手はいないので、機材の滅菌や消毒、片付けや発注、物品補充や整理、掃除や選択も看護師の業務とされている事が多く、医療行為に加えて雑務も多いです。

 

美容外科クリニックで必要なスキルは、注射や点滴のスキルオペの直接介助のスキルなどの医療的なスキルに加えて、患者様との会話や対応が重視されるため接遇スキルも必要となります。

 

美容外科クリニックは、クリニック経験期間は経験年数とカウントされないですし、スキルアップは難しいですし、他の科への転職も難しいほど業務が限定されます。

 

ただ、美容外科によって業務内容や看護師の役割が大きく異なるので、事前にクリニックの内部事情をしっかり調べる事をおすすめします。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割を調べることができるのでおすすめです。

 

 

美容外科クリニックの看護師の離職率は異常に高い

看護師転職サイト,クリニック
美容外科クリニックは華やかで楽しそう!というイメージが先行しているケースが多いのですが、実際には看護師の離職率はとても高く、短期間での離職を繰り返す方が多いのが特徴です。

 

美容外科クリニックは、合う合わないが大きい事や、各クリニックによって働きやすさが全く違うという事があり、当たり外れが大きな職場と言えます。

 

美容外科クリニックの看護師の離職率が高いのは、「ノルマがあってキツイ」「ボーナスが売上によって左右される」「スキルアップが難しい」「雑務が多すぎる」「やり甲斐がない」など、様々な理由です。

 

これらはどこのクリニックでも当てはまるのではなく、教育やサポートが充実しており、看護師は看護業務に専念できる環境が整っており雑務はほとんどないというクリニックもありますし、やり甲斐のあるなしは看護業務に専念できるクリニックならやり甲斐を持って働ける人が多いです。

 

また、営業ノルマがあるというのも、各クリニックによっても異なり、カウンセラーが配置されているクリニックでは看護師に営業ノルマが課せられる事はありません。

 

これも、スタッフがしっかり配置されているクリニックなら防げる事で、看護師の離職率が高い美容外科クリニックは、スタッフの配置人数が少ないのが共通点でもあります。

 

看護師転職サイトでは、事前にクリニックの看護師の離職率を調べる事ができるので、転職の失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

 

美容外科クリニックは事前の調査が転職成功の秘訣

看護師転職サイト,クリニック
美容外科クリニックへの転職を希望する方は、事前にクリニックの内部事情をしっかり調査する事をおすすめします!

 

美容外科クリニックは、各クリニックによって仕事内容や看護師の役割が異なり、やり甲斐を持って働きたい!という方には、看護師が看護業務に専念できる職場を探す事が成功の秘訣です。

 

看護師が看護業務に専念できる職場では、看護師は雑務をする必要がないように、スタッフが充実しています。

 

スタッフがギリギリのクリニックでは、看護師が会計や電話対応、営業などをする必要が出てきます。

 

カウンセラーが不在のクリニックなら、看護師はカウンセリングをしながら1件でも成約するように営業をしなければなりませんし、月の売上目標に到達するように、金額が高いメニューを提案したり、お金の勘定を看護師がする事もあり、これがやる気の低下につながる事もあります。

 

看護師なら看護師としてやり甲斐をもって働きたいところに、金勘定をするとなるとモチベーションは下がりますよね・・・??

 

看護師転職サイトなら、事前に美容外科クリニックの内部事情を調べる事ができるので、転職失敗を防ぐ事ができますよ(´∀`)

 

 

美容外科クリニックへの転職に成功した看護師は看護師転職サイトを利用しています

看護師転職サイト,クリニック
美容外科クリニックに転職した看護師の多くが看護師転職サイトを利用しています。

 

美容外科クリニックは職場の当たり外れが激しく、転職に失敗する看護師が多いのが現実です。

 

看護師の入れ替わりが激しいのも、美容外科クリニックの特徴であり、常に看護師募集がされています。

 

美容外科クリニックに限らずクリニックに転職する看護師の多くが、転職前に職場について調べずに転職してしまい、転職後のギャップから短期間での離職につながるケースが多いのです。

 

事前に職場の内部事情や、クリニックの仕事内容・看護師の役割を知っていれば転職に失敗する事もありません。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割を調べることができるので安心ですよ(´∀`)

 

看護師転職サイト,クリニック

 

 

 

子供が好きだけでは続かない!小児科クリニックの看護師の仕事内容


「私は子供が好きだから小児科クリニックで働いたら楽しそう!」

 

「病棟では乳幼児の点滴や注射はドクターの仕事だったから、クリニックもそうでしょ?」

 

小児科クリニックの看護師の仕事は、医療行為が少なく、子供が好きなら楽しく働けるというイメージで転職をする方が多く、転職後のギャップから短期間での離職につながるケースが多く見られました。

 

でも、看護師転職サイトを利用すれば、事前に看護師の仕事内容役割について調べることができるので、転職後のギャップによる離職を防ぐ事ができますよ!

 

 

 

小児科クリニックは点滴や注射などの医療行為が多い


小児科クリニックは、乳幼児の点滴や注射は日常的に行われており、クリニックによっては看護師の役割の1つになっています。

 

各クリニックによって、乳幼児の点滴や注射はドクターが行うというケースもありますが、スタッフが少ないクリニックでは看護師が注射や点滴の全てを行っているというクリニックもあります。

 

乳幼児の点滴では、胃腸風邪などで食事や水分が摂れない時の水分補給目的で行われる点滴が多いです。

 

喘息発作の際の点滴や、制吐剤の点滴などをする事もあります。

 

乳幼児は発熱に伴い嘔吐を繰り返す事が多く、脱水になりやすいため、季節を問わず点滴の処置は多いですね。

 

特に冬は、ノロウィルス・嘔吐下痢・胃腸風邪・インフルエンザなど、嘔吐や下痢・発熱などで食事や水分が取れずに脱水になる事が多いので、点滴処置をする機会が増えます。

 

小児科クリニックでは、看護師の人数にゆとりのあるクリニックなら、点滴などの処置係、診察の介助、レントゲン介助、検診の介助など、それぞれに役割分担ができるので、残業も出にくくおすすめです。

 

逆に、看護師の人数が少ないクリニックでは、全ての業務を少ないスタッフで行うので、1人1人の看護師の負担が大きく、また残業が多くなる事が多いです。

 

看護師求人サイトなら、事前にクリニックの平均残業時間や看護師の配置人数などを調べる事ができるのでおすすめですよ(´∀`)

 

 

小児科クリニックは検査技師がいない施設が多く、レントゲン撮影は看護師の仕事


小児科クリニックでは、スタッフの人数は限られており、臨床検査技師を配置していないクリニックも多いです。

 

検査技師がいないクリニックでは、レントゲン撮影は看護師の仕事の1つとなっています。

 

本来なら、看護師がレントゲン撮影をする事は出来ないのですが、スタッフが足りずに仕方なく・・・という施設もあります。

 

撮影のみドクターが行い、レントゲンの位置合わせ線量調整を看護師が行う施設もあります。

 

クリニックではスタッフの人数に限りがあるので、スタッフが少ないクリニックでは、本来なら看護師が行う仕事ではないことまで、看護師の仕事や役割になっている事が多いです。

 

看護師の人数が少ないクリニックでは、看護師が看護業務に専念する事ができずに、雑務や雑用ばかり増えてしまい、結果として残業が増えてしまうケースが多いです。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの看護師の配置人数や仕事内容、看護師の役割などを調べる事ができるので、転職の失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

 

小児科病棟の経験者でも小児科クリニックの看護師は難しいと感じる


小児科病棟の経験者が小児科クリニックに転職した時に、病棟の経験が役に立たない!と感じる事が多いです。

 

病棟ではドクターが行っていた医療処置を、クリニックでは当たり前のように看護師が行っていることが多く、病棟の経験やスキルが生かせないのです。

 

小児科病棟では治癒を目指して継続看護を行いますが、クリニックでは重傷者は転院となるため、対象とある病態が違います。

 

「もっと楽になるように治療してほしい!」「子供の成長発達を考えてあげて」なんて思っても、クリニックでは継続看護を行う場所ではないので、病棟経験者は歯がゆい思いをするかもしれません。

 

クリニックでは軽傷の患者を流れ作業のように診察しているというイメージを持ってしまい、やり甲斐や自分の存在価値が分からないと悩む病棟経験者は多いのです。

 

小児科に限らずクリニック看護師は、病棟経験が生かせる職場の方が少ないかもしれません。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの仕事内容やスキルアップの可能性などについて調べることができるのでおすすめですよ(´∀`)

 

 

小児科クリニックへの転職に成功した看護師は看護師転職サイトを利用している


クリニック転職に失敗する看護師が多いのを知っているでしょうか?

 

小児科クリニックに限らず、どの診療科であっても、クリニック看護師の離職率は高く、転職に失敗したと感じる人が多いのです。

 

転職失敗の原因は、転職後のギャップに耐え切れないというものが多いですね。

 

クリニックに転職する前のクリニックのイメージと、実際に転職した後のクリニックの現実のギャップが大きすぎて、短期間での離職につながってしまいます。

 

クリニックは「残業なし」「医療行為なし」「経験・スキル必要なし」のようなイメージで転職を決める方が多いのですが、実際にはクリニックでは即戦力を求められますし、病棟や外来よりも医療行為が必須の職場も少なくありません。

 

クリニックへの転職に成功した看護師の多くが看護師転職サイトを利用しています。

 

看護師転職サイトなら、クリニックの平均残業時間や、仕事内容、医療行為の有無や内容などを詳しく調べてくれるのでおすすめですよ(´∀`)

 

 

 

 

 

ブランクや未経験ナースは医療行為が少ない耳鼻科や眼科クリニックがおすすめ!


「未経験でも安心なクリニックってないの?やっぱり未経験じゃ難しいかな?」

 

「ブランクが長いけど、クリニックなら勤まるかな?医療行為には自信がない。。。」

 

クリニックではブランクや未経験ナース歓迎の求人表が多く、転職をしたものの転職後のギャップが大きく、短期間での離職につながるケースが多く見られました。

 

でも、耳鼻科や眼科クリニックは医療行為がほとんどないから未経験やブランクナースでも安心して働くことができますよ!

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの仕事内容、医療行為の有無や内容、看護師の役割など詳しく調べる事ができるので、転職の失敗を防ぐ事ができますよ(´∀`)

 

 

耳鼻科クリニックの看護師の仕事内容は未経験でも安心な理由


耳鼻科クリニックでは、看護師の医療行為はほとんど不要のため、ブランクや未経験ナースでも働きやすいですよ。

 

耳鼻科クリニックでは、点滴や注射などの必要はほぼありませんし、そのほかの難しい医療行為はありません。

 

耳鼻科クリニックでの看護師の主な業務は診察の介助です。

 

耳鼻科クリニックの患者は、鼻をかめない乳幼児が多いため、診察時は看護師が数名で体を抑制します。

 

小さな子供は耳鼻科のスコープやライトなどを見て怖くて暴れてしまうので、鼓膜などを傷つけないように、しっかりと抑えていないと診察が出来ません。

 

また、乳幼児は風邪から中耳炎になってしまうことが多く、鼓膜切開の処置が頻繁に行われており、処置中はしっかりと押さえなければ危険です。

 

耳鼻科クリニックの看護師は、ドクターが診察や処置がしやすいように、体を抑制するのが重要な役割です。

 

医療行為や難しい処置は一切ないので、ブランク未経験の方でも安心して働けますが、医療行為がほぼないので、スキルダウンや他の職場への転職が難しくなるなどのネックはありますね。

 

看護師転職サイトなら、ブランクや未経験ナース歓迎のクリニック求人が豊富なのでおすすめですよ(´∀`)

 

 

眼科クリニックの看護師の仕事内容は未経験でも安心な理由


眼科クリニックの看護師の仕事内容は、医療行為や難しい処置はほとんどありません

 

眼科クリニックでは、オペ中心のクリニックと、診察がメインでオペには力を入れていないクリニックがあります。

 

オペ中心のクリニックの場合は、レーシック白内障オペなどが行われ、週に何日かオペ日を設けて、1日中オペを行います。

 

オペ日ではない時は看護師の主な業務は診察介助や視力検査などです。

 

オペ日はオペ室内を担当する看護師と、オペ前後の看護をする看護師に分かれます。

 

オペ前後では点眼処置やオペの説明、オペ後の注意点の説明などを行います。

 

眼科のオペは外科系のオペとは違い、点眼麻酔で行われる事がほとんどです。

 

そのため、オペ室内看護と言っても、それほど難しい処置はありません。

 

看護師はオペの直接介助を行います。

 

眼科クリニックは、ほとんどの看護師が未経験ブランクのあるナースですが、難しい仕事内容は一切ないので、スムーズに仕事に入ることができますよ。

 

眼科クリニックなどの小規模の職場では、看護師の募集は若干名である事が多いので、非公開求人がほとんどです。

 

看護師転職サイトなら、非公開の好条件求人が豊富なのでおすすめですよ(´∀`)

 

 

医療行為が少ないクリニックは30〜40代のママさんナースが活躍している


医療行為が少ないクリニックの特徴は、30〜40代のママさんナースが活躍しているという点です。

 

30〜40代では、子供がまだ小さい方から中学生や高校生など、育児中である方が多いですよね。

 

育児と仕事の両立のためには、残業が多い職場では両立は難しいと言えますし、実際に残業が多い職場の看護師の離職率は高く、ママさんナースの割合は低いです。

 

逆に、残業がない職場では離職率は低く、ママさんナースの割合が高くなります。

 

眼科クリニックは医療行為が少なく、残業が少ないクリニックが多いです。

 

医療行為が多い職場では、看護師の業務も増えるので残業が出やすくなってしまいます。

 

ママさんナースのように、残業は避けたいという方は残業が少ないクリニックを選ぶと、仕事と育児の両立が可能です。

 

眼科クリニックは30〜40代のママさんナースが多く、育児中でも働きやすい環境だと言えます。

 

看護師転職サイトでは、事前にクリニックの看護師の平均年齢や離職率、平均残業時間などを調べる事ができるので、転職の失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

眼科クリニックへの転職に成功した看護師は看護師転職サイトを利用しています


クリニック転職で注意する事は、各クリニックによって同じ診療科であっても、仕事内容や業務量が異なるという事です。

 

同じ眼科クリニックであっても、残業が一切ないクリニックもあれば、オペ中心で忙しく残業が当たり前のクリニックもあるという事です。

 

残業が多いクリニックに共通している事は、看護師の人数が少ない事と、看護師以外のスタッフ(ヘルパーや看護助手、医療事務、受付など)が少ないクリニックです。

 

やはりスタッフが少ないクリニックでは、1人1人の看護師の業務量業務負担が増えるので、残業は多くなってしまいます。

 

看護師転職サイトなら、事前にクリニックの平均残業時間や看護師の配置人数、仕事内容などを調べてくれるので、転職失敗を防ぐことができますよ(´∀`)

 

 

 

 

クリニック看護師の仕事内容ではやり甲斐を感じない人が多い!短期間で離職しないために出来ること


「クリニックでやり甲斐のある仕事がしたい!病棟の経験を生かして働きたい!」

 

「スキルアップしたい!クリニックで専門性を高めたい!」

 

病棟経験者がクリニックに転職すると、仕事のやり甲斐を感じられない事や、スキルアップが難しい事などの現実を知り、転職後のギャップから短期間での離職につながるケースが多く見られました。

 

でも、看護師転職サイトなら、やり甲斐を感じられる職場やスキルアップが可能な職場を探すことができ、1人1人の希望にあった求人を見つける事ができますよ(´∀`)

 

 

 

クリニック看護師の仕事内容ではやり甲斐を感じない理由


看護師が仕事にやり甲斐を感じる時はどんな時でしょうか?

 

「出来なかった処置がスムーズにできるようになった時」「担当患者さんの状態が良くなって退院が決まった時」「患者さんや家族に感謝された時」「教育係りやプリセプターを任されて必要とされていると実感した時」など、様々な場面が考えられますよね。

 

では、クリニック看護師の仕事内容でやり甲斐を感じる事ができるのかというと、個人差が大きいと言えますし、やり甲斐には結びつけにくいと言えます。

 

それは、クリニック看護師の仕事内容は「継続看護」ではなく、「診察の瞬間」に携わっているからだと思います。

 

担当の患者さんが良くなっていく姿を見る事は継続看護ではないクリニックでは出来ません。

 

患者さんの状態や背景を知り、看護計画を立て、様々なアプローチで関わりを持っていく病棟看護師とは大きく違います。

 

また、出来なかった処置がスムーズにできるようになった時など、自分の成長を自分で実感できた時にも、やり甲斐や楽しさを感じるものですが、クリニックの看護師の仕事内容には難しい医療行為はほとんどなく、自分の成長を実感できる機会が少ないのです。

 

どの場面にやり甲斐や楽しさを感じるのかは個人差が大きいのですが、クリニック看護師の仕事内容は単調であるケースが多く、流れ作業だと感じたり、専門性が高い仕事内容ではない事にスキルアップや自分の成長に繋がる仕事ではないと判断するケースが多いと言えます。

 

クリニック看護師の仕事ではやり甲斐を感じないという人も、クリニックで働く理由や目的が明確であれば、短期間での離職に繋がる事はありません。

 

医療ミスへの不安や、医療行為への苦手意識、患者さんや家族との関わりの不安など、病棟看護師が持つ悩みは、クリニック看護師には当てはまりません。

 

看護師転職サイトでは、1人1人の看護師の目標や、ライフプランに合わせた職場の提案をする事ができます

 

転職後のギャップによる短期間での離職に繋がらないように、第三者の目で転職先を決めてみるのも良いかもしれません。

 

 

やり甲斐を感じない職場では短期間での離職が目立つ


やり甲斐を感じない職場での短期間での離職が目立ちますが、これは看護師に限らず、どの職業の人にも言える事ですね。

 

やはり、ただ毎日を単調に働くのではなく、成長を実感したり、仕事にやり甲斐や楽しさを発見したり、仕事に目標や目的をもって働きたいですよね。

 

最初はお金のために働いていたとしても、継続して働くなら、やり甲斐や楽しみも必要になってきます。

 

クリニック看護師の離職率が高いのはやり甲斐を感じにくいからだと言えます。

 

クリニック看護師の仕事内容は、専門性が高いものが少なく、「こんな仕事なら、看護師の資格がなくても出来るじゃん」という雑用や雑務が多いのです。

 

例えば、掃除や洗濯、カルテ庫の整理、物品の補充や発注、滅菌や消毒など、一般病院なら看護助手や事務員さんが行う仕事を、クリニックでは看護師の業務になっている事が多いのです。

 

このような雑務に加えて看護師としての仕事もあるので、看護師の業務量は多く残業も増えてしまうという悪循環になっているクリニックが多いのです。

 

看護師が看護師業務に専念できる職場であれば、仕事が単調でもやり甲斐を見いだせるかもしれませんが、雑用ばかりの職場ではやり甲斐を持つことのほうが難しいですね。

 

せっかくクリニック看護師に転職したのに、転職後のギャップが大きく短期間で離職してしまうのでは勿体無いですし、転職回数が多いのは転職の際に不利になります。

 

短期間での転職を繰り返さないためにも、看護師転職サイトで事前にクリニックの仕事内容や看護師の役割について調べる事をおすすめします

 

看護師が看護師業務に専念できる職場を見つけて、やり甲斐をもって働きたいですね!

 

 

クリニックへの転職に成功した看護師は看護師転職サイトを利用している


クリニック看護師の多くが短期間での離職を経験しており、転職に失敗するケースが多いです。

 

転職に失敗したと感じるポイントは複数ありますが、やはり転職後のギャップによる離職が多いでしょうか。

 

クリニック看護師に期待している部分と、実際の転職後のギャップが大きいと言えます。

 

クリニックは、各施設によって看護師の役割や仕事内容が全く違います。

 

スタッフの人数も限られるため、人間関係に悩む人も多いと言われています。

 

思い描いていた仕事がさせてもらえないのもショックですが、さらに人間関係が悪いとなると、仕事を続けるのも辛いですよね。

 

病棟などであれば、スタッフが多いですし、異動もありますから、人間関係の悪さを解消できる事もありますが、クリニックの場合は閉鎖的な空間なのでそれはできませんね。

 

少ない人数での人間関係の悪さは余計に辛いものです。

 

看護師の定着率の悪いクリニックでは、だいたい職場の人間関係が悪い事が原因となっています。

 

看護師転職サイトを利用すれば、職場の人間関係定着率などを調べることができるので、事前に働きやすい職場かどうかを調べる事ができますよ。

 

クリニックは当たり外れが大きいので、看護師求人サイトで事前に職場の内部事情を調べる事をおすすめします(´∀`)